破片で排水経度を塞ぐ

修理チーム

現場の状況

修理を開始前の状況となります。

【依頼現場】 兵庫県西脇市
【不具合箇所】 排水配管
【作業前の様子】 トイレが流れないと入居者様から連絡がありました。あまりにも排水づまりが多くなってきたので調査依頼をすることを決めて立会いでおこなっていただきたい。

現場作業状況

定期的に排水管清掃をご依頼いただいているお客様からトイレの排水不良の原因を調べてほしいと調査依頼のお電話をいただきました。現場は、賃貸マンションで以前の排水管洗浄をしているときにスタッフが「そろそろ排水管の交換時期です」とご説明していたこともあり排水管の交換もご検討されていたそうでした。
現場で状況を確認すると水が流れはするものの便器内の水位がかなり高くなってからゆっくりと引いていくという状況。水が引いた後は排水口からボコボコと音がしてすぐにでも完全に詰まってしまいそうな状態でした。
この症状は、異物を落とした場合か排水管に詰まりがある時の症状で確率が高いと考えられました。屋外にある排水管点検用の排水マスのふたを開けて確認をすると内部のコンクリートが割れて下に落ち込んでいました。
現在の住宅用の排水マスは塩ビで施工されていますが一昔前の排水桝でしとコンクリート製のものを使用されていました。今回も排水マスはコンクリート製で割れたコンクリートが排水管の勾配不良を引き起こし排水不良の原因となっていました。
そこで割れている排水マスの交換と、古くなった排水管の入れ替えをご提案し破損の原因であることと塩ビ素材が使用されている排水桝に交換をご希望されました。
割れていたのはトイレの排水マスでしたが、お客様から「別の場所の排水マスも一緒に工事したい」というご要望があり行動までの排水経路の入れ替え工事を行うことが決定しました。
施工当日、まずはお隣様にご挨拶して敷地内に土や砂等が入らないように保護(養生)して作業に入ります。土を掘り進め、既存の排水管がすべて見えるようにして排水管をむき出しにできたら撤去するコンクリート排水マスをハンマーなどで砕いて除去し、古い排水管を切断して取り除きます。
そして、新しい排水管をつなぐ時に水が流れて行く先がどんどん低くなるように勾配調整をしながら作業を続けます。つなぎ終わったら水を流して、水漏れがないこと勾配がしつかりとれているかを確認し、土を戻して整地をしてお客様にも排水の流れを確認していただき作業完了となりました。


状態画像13
出張地域案内
兵庫県東部
神戸市 西宮市 宝塚市 川西市 伊丹市
明石市 芦屋市 三田市 三木市 西脇市
緊急業者
兵庫県西部
姫路市 小野市 相生市 高砂市 加西市
加古川市 加東市 たつの市 丹波篠山市

修理完了までの一連の流れについて

料金
当社では、電話無料相談を実施しております。また、昼夜の現地への修理対応に迅速対応を心がけております。お伺いして詰まり・水の漏れトラブルなどの箇所を調査したのち事前お見積りをいたします。