よくあるトイレタンクの水トラブル

修理チーム

トイレタンクが故障する部分について

便器に流れ続けて止まらなくなることがあります。わずかな水が少量だけど止まらないといった場合には、トイレタンク内部の部品の不具合が発生している可能性があります。
その原因としては、主にタンク内にある部品の経年による劣化や故障となります。
個人でタンク内部を調べるためには、止水栓を閉めるか元栓を閉めて水が流れないようにしてからタンク上蓋を外したほうが無難ですから個人の方でしたら止水をしてから作業するようにしましょう。
そして、トイレタンクの蓋を開けてタンク内には3つの部品が装備されています。まず、給水管とつながっている管のようなものが確認できるでしょう。結合部分にある部品は、給水管からタンクへの給水量を調節している役目をしているのが「ボールタップ」と言われる部品です。
このボールタップは、種類によって異なりますが浮き玉というものが装着されています。この浮き玉により給水量を調整している構造となってなっています。
そして、底面に黒い阪半球のようなものがチェーンでつながれている部品があります。この部品は、タンクから便器への水量を調節している「フロートバルブ」といい、大多数がゴムでできているのが特徴となっています。
この部品は、レバーと接続されていてレバーを操作すると栓が開きタンク内に水が流れるという仕組みになっています。
また、ボールタップの本体につながる管の先に棒のようなものが見えます。これは「オーバーフロー管」といわれている部品となります。
水が溢れることを防ぐ役割をしている重要な部品となります。トイレのタンクの中にある水が多いのか少ないのかを確認する時にオーバーフロー管の水位がどこにあるのかを参考にしましょう。
標準的な水量は、オーバーフロー管にある黒い線の部分にかかる部分の位置で止まるのが基本となります。それよりも多い場合や少ない場合には、何らかの異常がある可能性が考えられますので調整をする必要が出てきます。そのための部品ですから参考にしてみてください。水位を確認したら蓋を閉じレバーを引いてタンク内の水を空にして作業開始となり、ボールタップに装備されている浮き球の角度を調整し水位調整をします。

当社からのご案内

兵庫県出張地域案内
東部
神戸市 西宮市 宝塚市 伊丹市 明石市
緊急業者
川西市 西脇市 三田市 三木市 芦屋市
西部
加古川市 小野市 相生市 加西市 姫路市
緊急業者
高砂市 加東市 たつの市 丹波篠山市

料金

修理完了までの一連の流れについて