水漏れを放置してはいけません

修理チーム

水漏れ箇所別の修理方法

水トラブルで無暗に修理紛いの事をして被害が拡大してしまうことがあります。水回りの修理をするには水が漏れている箇所に合った修理方法をする必要がありますのでご紹介しておきます。
●止水栓やパイプからの水漏れ
止水栓やパイプから水が漏れている時には、ナットのゆるみや部品の経年劣化が原因で水トラブルが発生するときがほとんどですので対象の部品を交換すれば解消することがほとんどです。止水栓やパイプのナットを取り外してつなぎ目の中に組み込まれているパッキンを交換しナットを締め直せばほとんどのケースで水漏れは解決することが大多数です。
●タンク上部やレバーの動作不良
トイレタンク上部やレバーから水が漏れている時には、タンク内の水位を調整する部品にトラブルが発生している可能性が考えられます。フロートバルブやフロート弁。あるいは、止水栓を点検して水漏れがしていないか確認してみてください。不具合の原因が判明したら、該当する部品を新しいものに交換することで解決することことができます。
●トイレタンクの下側や便器とタンクとの密着部分からの水漏れ
トイレタンクの下側や便器とタンクが取り付けられている部分から水漏れがしている場合には、接合部分である密結パッキンと呼ばれるパッキンが原因と考えられます。
タンクと便器が別々で、水路上にパッキンが取り付けられています。そのため、経年劣化で破損し固くなると隙間ができて水が漏れてしまうことがあります。
●便器本体からの水漏れ
便器本体から水漏れしている時には、タンクと止水栓をつないでいるフレキ管やウォシュレットなど温水便座と止水栓をつないでいるパイプの不具合が考えられます。
●ウォシュレットや温水便座からの水漏れ
温水タンクや精密機器部分の不具合や故障によって水漏れしていることが考えられます。また、シャワーノズルの詰まりや汚れの付着によって水漏れが飛び散っていたりすることがあります。
温水便座から水が漏れている場合には、漏電して発火をさせない為にも電源コンセントから電源コードを抜きましょう。また、耐用年数は、7年~10年程度とお考えください。
耐久年数を過ぎているウォシュレットや温水便座であれば修理をするよりか交換した方が後のこと考えてより良い選択だと言えます。水まわり製品ですから他の電化製品と比較しても寿命が速くなる傾向がありますのでご一考下さい。
●床と便器の隙間から水漏れ
床と便器の隙間から水が漏れている場合には、便器の設置不良や排水管からの溢れなどが考えられます。
いずれにしても水が漏れている原因を突き止めてから対処しないといけないことでもあり原因がわからない時には修理業者に相談をしてみると良いでしょう。

当社からのご案内

兵庫県出張地域案内
東部
神戸市 西宮市 宝塚市 伊丹市 明石市
川西市 西脇市 三田市 三木市 芦屋市
緊急業者
西部
加古川市 小野市 相生市 加西市 姫路市
高砂市 加東市 たつの市 丹波篠山市

料金

修理完了までの一連の流れについて